Search

google%e3%81%ae%e6%a4%9c%e7%b4%a2%e9%a0%86%e4%bd%8d%e3%83%97%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%82%aa%e3%83%aa%e3%83%86%e3%82%a3

Googleのアルゴリズム

こんにちは。WEBマーケティングをリードする札幌のSEO大学です。

このグラフは、Googleのアルゴリズムをベースに上から順番にSEOに必用なプライオリティを作ったものです。今日は、赤枠の注視すべきSEO要因をベースにSEO対策の授業を行います。

●被リンク数・被リンクドメイン数
被リンクはGoogleアルゴリズムにおいて、一番重要なSEO要因と言われています。被リンク数・被リンクドメイン数から、被リンクの「量」と「質」両方を増やし、良質な被リンクを増やしながら、SEO対策することが大切です。

●被リンク数(内部)
内部リンク を指します。内部リンクは、被リンクの次に重要で、順位上昇を狙うために欠かせないSEO要因です。重要なページ(順位上昇させたいページ)に内部リンクを集め、ユーザー・Googleクローラーにページの重要性を伝えながらら、SEO対策を進めましょう。

●ファイルサイズ
ファイルサイズを最適化し、HTMLソースコードやファイル名等を簡潔にすることが大切です。JAVAやXHTMLを使ったHPが増えてきていますが、Googleはシンプルで軽くて速度の速いサイトを好む傾向があります。

●総単語数・ユニーク単語数
総単語数・ユニーク単語数を最適化するために、テキスト量を増やすことが大切です。サイトの中身ヤテーマにあった内容で、理想は、2000文字以上のテキスト量で、総単語数・ユニーク単語数を増やす事が大事です。ただし、読みやすさ、わかりやすさを意識したユーザービリティも大前提です。

●キーワード出現数
順位を上げたいページにSEOワードを含めることが大切です。このSEOワードの出現頻度を調整し、内部を最適化することが重要になります。主にタイトルやコンテンツにSEOワードを含め、キーワードとコンテンツの割合を調整しながら、出現率を調整していきます。

google%e3%81%ae%e6%a4%9c%e7%b4%a2%e9%a0%86%e4%bd%8d%e3%83%97%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%82%aa%e3%83%aa%e3%83%86%e3%82%a3

Leave a Reply

Name *

Email *

Website

SEO UNIVERCITY
Produced by Etupirka.inc