Search

内部SEOと外部SEO

外部SEO対策と内部SEO対策

こんにちは。WEBマーケティングをリードする札幌のSEO大学です。

外部SEO対策とは、自分以外のサイトから、自分のサイトに外部リンク(被リンクという。)を張ってもらうことを指します。具体的には、「<a href="自分のページのURL/">検索キーワードのテキスト表記</a>」というソースコードを、相手のサイト内に埋め込みます。ここで重要な事は、ページランクの高いサイト、かつ関連するサイトからの外部リンクをたくさん張ってもらう必要があります。外部リンクをもらうという事は、相手のサイトから紹介されているURLという意味を示すわけですから、推奨されるような中身が伴っていなければ、なかなか、外部リンクはもらえません。特に、ページランクの高いサイトからの外部リンクとなると、それなりにハードルは高くなると言えるでしょう。数年前までは、もっとも有効なSEO対策と呼ばれておりました。

ただし、グーグルのアルゴリズムの傾向として、過剰な被リンク数だけを目的としたサイトが横行し増えすぎたため、昨今、サイトの中身が伴っていないHPが乱立し、そういうサイトを上位表示させることは、グーグル自体の品質を下げるという概念から、Googleは被リンク重視から内部のコンテンツが充実しているサイトを上位表示する方向へシフトしてきました。

一言で説明すると
外部SEO対策 < 内部SEO対策
という意味です。

昨今、外部SEO対策の効力はどんどん弱くなっており、内部SEO対策の重要性が非常に強まっていると良く言われておりますが、外部リンクは、とても重要なSEO対策の一つである事も事実です。実際に、今でもなお、中古ドメイン業者が存在している理由として、外部リンクの質と量がともなっているドメインにおいては、評価が高く、ドメイン価格も通常よりも高値で売買されているのが現実です。もっとも有効な外部リンク施策としては、国内では、ホットペッパーや食べログ、ぐるなびなどの大手ポータルサイトからのリンクをもらう事は、とても重要戦略の一つですね。

内部SEO対策とは、自分のサイト内で改善できることを積み重ね、修正、更新を施策していく事で、サイト内を充実させる事をいいます。また、サイト内のキーワードだけの変更ではなく、ソースコードそのもの自体の修正が必要になります。特に、検索エンジンから、高評価を得るためには、Googleの検索エンジンクローラーロボットから、「基本的かつやさしいサイト」と判断される事が、とっても重要です。

Leave a Reply

Name *

Email *

Website

SEO UNIVERCITY
Produced by Etupirka.inc